ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 虫の居所 | main | 言葉の壁ってなんだろう… >>
2010.10.28 Thursday

夜明けに…

 

思い出せないほど遠くに
その日々がある…

豊かだったか
貧しかったかと問われれば
豊かだったと…答える。

あのころはお金がなくても生きていけた。

持っていたかと聞かれたら
確かに…あり余るほどの夢がそこに…。

確かめたかと聞かれたら
興味はなかったと答える。

間違ったら引き返せばいい…
その道がたとえどこに続いていたとしても…。


まるで正反対のような時代がやってきて
いつの間にか
ど真ん中であぐらをかいている。

こんなはずじゃなかった…
…それだけは決して使いたくない言葉だと思う。

そういう時代を作ってしまった。
いつもそう言い続けていたい…。
必ず変えてみせる…
それを同時に信じていたい。

あの日々に戻りたいかと聞かれたら
ノー!と答える。

この先に何があるのか…
それを見たいと思う…。
たとえどんな時代が来てもいい。

そのなかで私はまた考えるだろう…。
たぶん今夜と同じことを…。

やっぱり明日が待ち遠しい…。
いつもそうだった…
たぶん…これからもずっと…

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album