ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 特別な人生 LOVE SONG | main | 赤い花 白い花 >>
2009.12.17 Thursday

線の内側


私が子供のころ
線の内側で自由だった

何も知らなくても
いつか覚えればいいよと

自分の心が欲しがるものだけを
少しずつ
集めていた


その世界は
無限へと広がり
どこまでも行くんだと
言い切っても
大人たちは寛容に
それを許していた

…そんな時代に
私は生を受けた

豊かさは外側ではなく
いつも内側にあるものだよ…

私は知らず知らずに
そんな声を聞いて育った

けれど私はあの頃のように
寛容な大人になろうとして
何度も失敗を繰り返した

大人と子供の境界線が消えたのは
いつだったのだろう…
ときどき私は
そんなことを考える
その答えを私は知りたい

私が子供のころ確かにそこにあった世界は
今…一体どこにあるのだろうか…と

コメント
こちらの絵もとても素敵です(^^
なんというか・・・内側のしん、とした静けさを感じます。
子供も大人も境界線はないのかもしれません。
常識、という言葉の線を引いてみると、それがそうかもしれませんが。
ずっとピュアでいたい。
温子さんの絵を見るとそう思ってしまいます。

温子さんのパジャマを着て眠ると本当に安らかに眠れます♪
  • Bb
  • 2009.12.20 Sunday 00:25
Bbさん…いつもありがとうございます。
私が子供のころは今ほど情報が溢れていませんでした。今の子供たちって、生まれた途端から殺人のニュースとか戦争のこととか、毎日、聞きたくなくても聞こえてくるのです。
それってどうなんだろう…って思います。大人たちが子供たちに聞かせないようにひそひそ話すような話も、全部聞こえちゃうようなもの。それが今の子供たちの閉塞感のひとつだと私は考えているの。

昨日ワコールさんの来年の秋冬のサンプルが出来上がってきました。
意識的に色を明るくしたのが、ちょっと新鮮な感じです。
まあ、来年の秋冬物なので…まだ先は長いけど…。
「ふと来年のことを言うと鬼が笑う」…という言葉を思い出しちゃいました。でもこれって、本当はどういう意味なんだろう…。
そう思って早速検索…
http://harmonyatsugi.hp.infoseek.co.jp/kyusoku/onigawarau.html
ふむふむ…勉強しちゃいました(笑)よく使うけど、色んな意味があるんですねえ。
  • Atsuko Matano
  • 2009.12.20 Sunday 01:05
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album