ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< テキスタイルデザインのこと | main | 線の内側 >>
2009.12.16 Wednesday

特別な人生 LOVE SONG


特別な人生なんていらないと思っていた。
ささやかでも、とびきり豊かな人生は欲しいと思っていたけど…。

けれど、それは間違いだったことに気づいています。

今では…人生とは…全てが「特別」なんだって思っています。
ただ穏やかで豊かで素晴らしい人生なんて、ひとつもないということ…。
どこの家にもあるように、人生には素晴らしい贈り物も、空っぽな空き箱もあります。
それをどう受け取り、どう考えるかが…人生の分岐点。

だから、今、私は「特別」な…超スペシャルな人生を目指そうと思います(笑)
それはこのブログを書きはじめたときから、はじまっていました。
ひとりでコツコツと書いているブログを通じて、色々な方とつながっているという実感は
いつも私に大きな力と勇気を与えて下さっています。
読んで下さって…本当にありがとう!
今日の絵はもう、15年ほど前に描いた油彩。
今まで描いた油彩のなかでも、特に思い入れの強い作品。
油彩が描けなくて…どうしても描けなくて…自分のイメージは…確かにあるのだけれど
何かが違う…と迷い続けた日々。

そのころのスタッフが婚約をしました。
幸せの絶頂期の彼女をモデルに、私は筆を持ちました。
…やっとひとつ何か大きな壁は越えられたかも…そんなことを思った1枚です。
「LOVE SONG」と名付けたこの絵は、今はタオル美術館の倉庫の中かも…。

皆様への感謝の気持ちを込めて…今日はこの絵を選びました。


コメント
素敵な絵に言葉がなかなか見つかりません(^^

つやっぽくて、色っぽくて、それでいて清楚で・・・。

キャンバスに描かれたものが見たくなりました。

スタッフさん♪おめでとうございます(^^

  • Bb
  • 2009.12.19 Saturday 01:18
Bbさん…ありがとうございます。…とても嬉しいです。
この1枚の絵は私の分岐点にあります。
デザインの仕事をしながらも、どうしてもただ、
画面に向かう時間が欲しくても…ほとんど休みもなかった日々。
タブローが描きたくて、休日の深夜に隠れるようにして描いていた日々。
たまに筆を持つので…いつも絵の具は固まっていました。

それをまっすぐに見て下さる方は…当時はとても少なかったです。
是非本物をご覧頂きたいと切望します。
全くの独学の油彩…このころは数本の筆で描いていて
ナイフや…もっと便利な筆のことも知らないまま…。

ようやくこの絵の筆を置いたとき…はたちの頃からの私の絵を
ずっと見て下さっていた画材屋さんのおじさんが…ぽつりと…
「おっ!掴んだね!」と言って下さいました。
絵が好きだと思ってから…二十年以上が過ぎたころのことです。

この絵のモデルのスタッフは、今ではもう二児の母になっています。
入社した頃から、どこかが似ていると言われて…よく母娘に
間違えられていました。
最近ようやく油彩が描ける場所を手に入れました。
そこなら、道具を出しっぱなしにして、いつでも好きなときに
筆が持てる場所です。まだリフォーム中なので来年には稼働します。

この絵は一度だけ本の挿画に使いましたが
この他にも、まだまだ未発表の絵が沢山あります。
途中で筆を置いてしまったものもあるので、気長に描き続けたいと思います。
見て下さってありがとう…心からの感謝を込めて…。
  • Atsuko Matano
  • 2009.12.19 Saturday 02:27
いつか本当に。
ぜひ見させてくださいませね(^^

こちらこそありがとうございます。
いつも勇気をいただいておりますm(__)m
  • Bb
  • 2009.12.20 Sunday 00:21
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album