ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 私の買い物…マサイ族の靴 | main | 手紙 >>
2009.10.14 Wednesday

素焼きのカボチャ

 
美濃の白土で作った蓋物…素焼きまで完成です!

かなりしっかりと、ぴたりと蓋もおさまります。

柿の蓋物も、素焼き完了
…こういう律儀なものは、もちろん主人の作。

↓ふふふ…これが私の…。これは何?と聞かないで下さいね。
「丸いツノを持った牛に、決まってるじゃない…
何か他のものに見えますか?」



ここから先、ゆう薬をかけてがらりと変わります。
ここまでも楽しいけど、
ここから先が面白いの。
次は窯出しです。
出来上がりはどうかな…??ドキドキワクワクの日々。

コメント
かぼちゃ♪載せていただいて嬉しいです(^^
ゆう薬をかけなくても、そのままもいい味ですね〜。知らなかったです。
牛さんもカワイイ(^^

  • Bb
  • 2009.10.17 Saturday 01:26
たぶんこの土、日で、仕上げにかかります。
本焼きも13時間くらいかかります。
今日、先週のお皿も6枚に増やして素焼きしましたが、2枚が壊れていました。
このかぼちゃと、柿が素焼きで、きれいに焼けたのは奇跡です。
この土は腰がなくて、結構扱いづらいもの。
少しでも空気が入ると、そこから割れちゃうしね。
なかなか奥が深い。何でもそうですね。

牛はまあ、ご愛嬌ということで…。どうしても真面目に使えるものを作ろうとしてると、
いきなりこんなものが生まれちゃいます。
ものすごく渋い色に仕上げる予定です。


  • Atsuko Matano
  • 2009.10.17 Saturday 02:45
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album