ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Atsuko Matano 2019年大晦日に | main | 外出時の新しいコロナウイルス予防グッズ >>
2020.03.14 Saturday

感染を止めるために…コロナウイルス

 

すっかりご無沙汰していて、気がつけば3月も中盤になるところ。

2020年という年がまさかの幕開けで

あれよあれよという間に世界中がコロナウイルスの脅威に飲み込まれています。

 

手洗い、マスク、うがいも日々当たり前のように励行しているけど

先の見えない状況に様々な場所で、心が疲弊していくのを感じます。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

私は高齢の母を抱え、持病のある家族もいて

会社の経営者でもあるので

毎瞬、決断をしていかなくてはならない立場です。

 

会社は現在、必要最小限の人数のみの出社で

通勤の時間を変更したり、なるべく外出や乗り物に乗る機会を減らし

交代でリスク回避をしているつもりだけれど

それが完璧な対応かといえばまだまだと思っています。

 

ここからは「個人の意識の在り処」だけが頼り。

かからない努力と、万が一かかってしまったら

うつさない努力…個々の地道な努力の積み重ねの結果が

この先を決めると思っています。

 

2週間の行動制限が更に10日ほど延びました。

その後もまた、延びることになるかもしれません。

けれど、ここはじっと我慢。

 

その間みんなが精一杯自分を律することで

この先起こり得る爆発的な感染が避けられるとしたら、今はそれに賭けるしかないと思うのです。

 

 

それにしても、盤石なものなどないと思い知らされてもいます。

いよいよオリンピックの年が幕を上げたとき

3月の今を、誰が予想していたでしょう。

 

数日前、WHOはパンデミック宣言を出しました。

 

そしてついさっき、トランプ大統領がスペインに続き

国家非常事態を宣言しました。

 

事態は刻々と変化し、他に気になった情報はこれ。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-13/Q7424YT1UM0Z01?utm_source=yjp&amp;utm_medium=bd&amp;utm_campaign=yjp

 

これまでの常識であった、ウイルスが体内にとどまるのは2週間と言うのを遥かに超えて

コロナウイルスは最長5週間(37日間)とどまると言う。

何だか遠い目になってしまいました。

 

例え無症状でも、5週間の隔離生活が必要となると

きっと耐え難いものがあるでしょう。

そしてすぐにベッドが足りなくなるのは目に見えています。

だからなんとしても、これ以上の感染を止めなければ…。

 

事はオリンピックの開催やら、経済の損失の試算やら株価の大暴落とか

複雑に絡み合っていますが、私はただ感染を広げないことだけを念頭に置いて

すべてを判断するつもりです。

 

一日も早く収束と呼べる日が来ますことを心から祈りつつ…。

 

🔴追記です♪

 

実はFBフレンドの本崎由美さんから、素晴らしいコメントをいただきましたので

そのまま添付いたします。

 

「私、数日前から行動記録を取るようにしています。

行動だけでなくお店や会社食堂の何処に座ったかまで、できるだけ詳しく。

まだ親近者で発症した人は居ないけど、いつかかってもおかしくないし、

万が一の時に備えて。結構記憶って曖昧だから…。これも心掛けのひとつ」

 

このコメントを読んだ後、自分の行動チェックをしてみたら

時間が過ぎたら思い出せないと思うことがいっぱい出てきました。

例えば、運送屋さんとのやり取りやコンビニに牛乳を買いに行ったこと。

スーパーでご近所の方との立ち話とか。

さりげない日常の一コマはごく自然に日々繰り返されていて

知らず知らずに人は人と常に関わっています。

 

そこに制限をかけることの難しさを再認識すると同時に

マスク、手洗いに、行動記録も加えると、より強い予防効果にもつながるとも思いました。

 

そして重症患者の感染経路は追えないという報道もあり

いざというときの素晴らしい手がかりにもなります。

 

私はパソコンにメモをし始めましたが、方法はできるだけ簡単にできて

楽しめるやり方を工夫して、ぜひ実行してみて下さい。

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album