ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 本日よりビッグサイトでギフトショーです。 | main | FBより NEW壁紙やNEWアイコンやNEWアイテムなど >>
2017.02.27 Monday

「選択」 Kyoji Yamamoto アルバム「Philosophy」より。

 

「選択」 作曲 山本恭司 作詞 俣野温子

 

正しさというドアは重い    間違いというドアは軽い
どちらも同じ部屋の中で    自由に開けていいよと言う

すでに陽は落ちて 灯りをつける時が来た
暗がりに座っている もう少しこのままでいたい

 

選ばれる前に 選ばなきゃならない
選ばれる前に 選ばなきゃならない

貫くという文字は強い あきらめという文字は弱い
どちらも同じ部屋の中で 自由に書けばいいよと言う

すぐに夜は更けて 眠れずひとり 時を待つ
テーブルに肘をついて もう少しこのままでいたい

選ばれる前に 選ばなきゃならない
選ばれる前に 選ばなきゃならない

幸せという窓は高い 哀しみという窓は低い
どちらも同じ部屋の中で 自由に開けていいよと言う

今は陽が昇り 心を決める時がきた
陽だまりに座っている もう少しこのままでいたい

選ばれる前に 選ばなきゃならない
選ばれる前に 選ばなきゃならない

僕が立ち上がる時を

選ばれる前に 選ばなきゃならない

君が立ち上がる時を

 

 

この詩を書いた背景には
特別なことではない 何気ない日常が流れています。

 

目の前の現実と対峙して、ひたすら繰り返してきた自問自答の日々。
即断のように見えても、意外と慎重で優柔不断なところもある。
ある人にとっては正しいことも、立場によっては不当にもなるし。

 

そんな言葉たちを、ひとつの部屋の中に配置して

人生のパズルを解いて行く時間を描きたかった。

 

開き直ったり、先延ばしにしたり
眠れない夜も数え切れないけど
誰かのためにある人生じゃないだろう。

 

さあ、どうしようか…

 

そんな時に背中を押してくれる歌が欲しかった…。

そして曲が仕上がった時

ものすごいパワーとともに

いきなり違う角度から聴こえてくるものがありました。

 

それはぜひ皆様の耳で直接聴いていただきたいと思っています。

 

すでに3年前にリリースした歌だけれど

来たる3月1日、夜8時半〜「小室等の新音楽夜話」TokyoMX(9ch)でテレビ初登場です。
エムキャスをインストールしていただくと全国でスマホやパソコンでも
ご覧いただけるそうです。

 

 

https://www.amazon.co.jp/PHILOSOPHY-山本恭司-Kyoji-Yamamoto/dp/B00T8TY7TO/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1488087762&sr=8-1&keywords=philosophy+Kyoji+Yamamoto

このアルバムには私が作詞を担当したコラボ作品

「Irony」「選択」「Moon Child」「音楽」が収録されています♪
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album