ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 本日からギフトショー開催です♪ | main | インスタグラムをはじめました >>
2016.02.06 Saturday

うちの鳩


 「最近顔を出さなくなったね」そんな私と母の会話を聞いていたように
つい数日前にその鳩は久しぶりに顔を見せてくれました。
実はこの鳩は「うちの鳩」という名前の鳩(笑)
 
それはまだ、肌寒さが残っていた1年前の3月のはじめのこと。
我が家のテラスに、見慣れない大きなダンボールが置いてあって
覗き込むと、鳩が一羽うずくまっていました。

よく見ると右足は内側に折れ曲がり、尾羽は全部抜かれていて背中も地肌が見えていました。

聞けば母が散歩の途中で見つけたらしい。
「カラスにやられたかしらね〜。猫かしらね〜
でも、野生の鳩は病院に連れて行っても、ダメだろうね」と母。

開け放したダンボールの中で、ただ丸い目を見開いて
首だけを動かしている鳩の生命はつながるかしら?
たぶん家族はみんな同じ気持ちで眺めていたと思います。

背中の傷はそんなに深くなさそうと、人間用の傷薬を塗って
すぐにネットで検索すると、尾羽は再生すると書いてありました。
 
こういう時のネットって本当にありがたいですね。
 
雑穀米とパンを細かく刻んだもの。
急ごしらえで植木のカバーを水入れにして様子を見ていたけど
その日はほとんど何も食べずに暮れていきました。
 
…そこから先は祈って待つしかない。

けれど次の日…ダンボールを覗いてみると、えさがほとんどなくなっていたの!
「この子はまだ寿命があるかもしれないね」と嬉しそうな母。
 
こういうとき、我が家の結束はかなり固い。
その日の午後には夫がカラスに狙われないようにと鳩小屋を作って
私はすぐに鳩のえさを注文して…母は定期的に鳩小屋を覗く役。



雨がかからないように。
寒くないかしら?
あれこれ先回りして知恵を出し合いながら過ごした日々。

そして私たちは、野生の自然治癒能力の凄さを目の当たりにすることになりました。

10日目にはもう、大きく羽を広げては
何度もウォーミングアップをしていたりして、日々食欲も旺盛に。

笑えたのは、とても好き嫌いの激しい鳩で
餌の中でも黒米やコーンはいつもまとめて残していて
パンやりんごやキャベツを細かく刻んだものはぺろり。
かなりの偏食だったこと(笑)

幸せってこういうこと?…そう、希望に向かっている日々って、いつも最高なんだね。

けれどその日は、すぐにやってきました。
まだ1ヶ月もたたない休日の朝のことです。
尾羽はぐんぐん伸びていましたが、まだ飛ぶことはできないだろうと
母が鳥かごを持ち上げた途端に
鳩がピョンとダンボールの高さを越えて外に出てしまったの。

そうなったらもうお手上げです。
私たちはただ息を止めて見守るだけ。

すぐ近くではカラスの鳴き声も聞こえています。
もしも見つかったらひとたまりもないでしょう。
 
鳩は我が家のテラスを確かめるように
わずかに右足を引きずりながら、歩いていました。

そしてふわりと椅子に飛び乗り、次は塀の高さまで。

隣の家の屋根には30分くらい留まっていたかな…。

その間、私たちをじっと見つめていましたがついに翼を広げて
一瞬で大空に羽ばたいていきました。

せめてあと1週間あれば、右足も治っていたかも。
一体どこに帰るのかしら?長く飛べる体力はあるのかな?

けれど、私たちにできることはここまでだね。
なんとか無事に生きて欲しい…突然のことに私たちの心は
ぽかりと穴が空いたようになっていました。



けれどその日の夕方のこと。

もうこれは奇跡としか言いようがありません。
実は夫が近くの公園で、仲間たちと一緒に歩いている「うちの鳩」を目撃したのです。

まだ尾羽が短いのと、なかなか個性的な白と黒のスタイリッシュな鳩なので
結構目立つのです。
もちろんみんなで大喜び♪
あんなにテンションが上がったことはないほどに〜(笑)

そしてそれだけではありませんでした。
その数日後、我が家のテラスの塀の上に「うちの鳩」の姿が。

大急ぎで、テラスに鳩のエサと水入れを置くと
塀からふわりとテラスに降り立ちました。


↑この写真はそのときの一瞬を捉えた
貴重な写真です。
 
尾羽はまだ短いけれど、私がカメラを向けたら背筋を伸ばして
ちょっと決めポーズをしてくれました♪
私は舞い上がってしまい、かなりピンボケになってしまったけど…。

深手を負っていたときは、きっと不安になるだろうとカメラを向けるのは控えていましたが
あのときはちゃんと、こちらの気持ちをわかっているようなポーズでした。

あれから1年…今もときどき我が家にやってくる「うちの鳩」
私はいつも姿を見るたびに、心のなかで「おかえり!」とつぶやきます♪



さて、長々とお読みいただいてありがとうございます(ぺこり)

実はね。
来季のために、この鳩をモデルにして
テキスタイルデザインに描き下ろしました♪
もちろんタイトルは「うちの鳩」

色も形も違うけど、私のなかでは紛れもなくあの、「うちの鳩」なんです♪



ちょうど手元にあった母の写真、日付を見たら去年の今頃撮影したものです。
たぶんこの頃にはテラスに鳩がいたと思います。

母が着ている部屋着も数年前に発表した「ブーツを履いたニワトリ」♪
ダブルジャカードで織り上げましたが、お気に入りです。
これは確かパリを思いながら描いたモチーフ。
ソファーの上のミルク瓶のキルトケットも、3年前の私のデザイン♪
実は私の描くテキスタイルには、様々なエピソードがいっぱいあります。
いつかまたご紹介いたしますね♪

そのどれもが私なりのハッピーモチーフ。
皆様にもたくさんのハッピーが伝わりますように♪

ちなみに母は、今年卒寿を迎えます。
また何か新しいモチーフが生まれるかもしれません♪

コメント
blogを拝見し、ほっこり温かい気持ちになりました♪
自然の力ってすごい!
そして、動物と心を通わせることができかも?という不思議で素敵なお話でした。
デザインに様々なエピソードがある。というのも興味深かったです。俣野さんの歴史そのものなんですね★
うちの鳩シリーズの発売が待ち遠しいです(^^)
  • ユーリ
  • 2016.02.11 Thursday 07:38
初コメントです。
に伝えたい事があり、すみません、鳩さんとは関係ないのですが(笑)、こちらに書き込みさせて頂きました。
俣野さんの『育児に疲れを感じたら』の本と最近出会う事ができました。本当に有難くて有難くて、今は安定剤のようなものです。もぅ、限界と思った時に夜中皆が寝た後、台所でひっそり読みます。読んで、泣いて、最後には大丈夫と思える。当てにならない主人よりも、寄り添って背中を押してくれる(笑)私はこの本に出会えて本当に幸せ。この本を書いてくださった事に本当に感謝してます。今後も台所にお守りのように置いていると思います。いつか、アルバムのようにこの本を振り返り、こんな時もあったなと笑えるようになるまで。有難うございます。今後もお仕事との両立で大変だと思いますが、頑張って下さい。応援しております。
  • ぴーちゃん
  • 2016.03.05 Saturday 01:30
ユーリさん、ごめん〜お返事遅くなりました。
ちょうど今、ほぼ今年の秋冬の入稿がおわったところです。
いつもならここらで一息つくタイミングなのに、すでに来年の春夏に突入しています(笑)
いつからこうだったっけ?と遡って考え中。
休日も仕事のうちですね。ちょっと立て直して遊ぶ時間を取らなきゃと猛省中。
うちの鳩…先ずはプリントのハンカチでデビューです♪
いつもコメントをありがとう!

  • atsuko
  • 2016.03.05 Saturday 08:57
ぴーちゃん!コメントありがとうございます。
この本は、初めての子育てに向き合って、何度も壊れそうになった私自身を綴った本でした。
あなたのお手元に届いて、私も本当に嬉しいです。

久しぶりに私も、さっき本棚から取り出して読み直しました。
そう…まさかあんなに育児が大変なことだとは…。
当時は私も心から悩み、本当に苦しみました。
周りを見れば、みんな楽しそう。自分だけが取り残されていると思う。

赤ちゃんは愛しいけれど、体力も気力も限界。
どんどん自分を追い込んでしまう日々でした。

そして、人間が成長するときって、痛みを伴うことに気づいたのは
ずっと後のことでした。子育てって、育てられる!でも確かにそのときは痛い痛い〜〜(笑)

今の状況がわからないけれど、今あなたは成長期の真っ最中なの。
きっと我慢強くて、生真面目なんだろうな…。
我慢しすぎないで、ご主人やご両親や友だちにSOSを出せますように。
自分を許して、たまには全部誰かに任せて、眠りたいだけ眠れますように。

そして忘れないでください。
大変な日々も必ず過ぎていきます。振り返れば本当にあっという間。
ある日状況は突然好転します。
もちろん笑い話になる日も。
そして大変な日々こそが、実はあなたを内側から輝かせてくれることに
いつか気づく日が来ます♪ 

またいつでも気軽にコメントしてください。
お返事は遅くなっても必ず書きます。
  • atsuko
  • 2016.03.05 Saturday 10:57
コメントする








 
Powered by
30days Album