ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2年という歳月 | main | 2013AWタオルの展示会 >>
2013.03.18 Monday

山本恭司プロデュース「六弦心Vol.2」3月20日リリース

Vol.2(72).jpg

早春賦

春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

氷融け去り 葦は角ぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か


  
誰もが知っている、日本の唱歌…
それが、日本屈指のギタリストたちの手にかかると…わぁ〜こんなふうになるんだ!

懐かしさと新しさが入り交じったギターのインストの作品集。
これは「名盤」と呼ぶにふさわしい!

とってもお洒落でかっこいいところもいっぱいだけど
ぐぐっと胸に迫るような、切ない音で聴かせてくれる箇所も随所に。
子どものころの思い出が
パノラマのビデオになって、蘇ってくる感じかな。

いつになく、営業トークのように書いてるけど(笑)
とっても素直な感想です(笑)

Vol.2に収録されている曲はこれ↓

1.早春賦 山本恭司 kyoji Yamamoto
2.通りゃんせ 竹田和夫 Kazuo Takeda
3.旅愁 菰口雄矢 Yuya Komoguchi
4.紅葉 鈴木茂 Shigeru Suzuki
5.海 安藤正容 Masahiro Ando
6.竹田の子守唄 木村大 Dai Kimura
7.ずいずいずっころばし 横関敦 Atsushi Yokozeki
8.七つの子 ルーク篁 Luke Takamura
9.夏は来ぬ 梶原順 Jun Kajiwara
10.どこかで春が Seiji & Yuki(D_Drive)
11.蛍の光 山本恭司 Kyoji Yamamoto

このアルバムは、すべてインストだけれど…メロディを聴けば
自然と歌詞が浮かんできます。

子どものころは、ただ丸覚えをしていた歌詞。
今更だけど…それがどんなに美しい日本の情景を描いていたのか…
…そんなことを思います。

実はこの週末…行きたかったんだけど…
代官山の蔦屋書店さんにて、フェアーが開催中です。
ここって、深夜2時まで営業している、都会の大人の遊び場…(笑)
私の時間帯でもばっちり〜〜♪(笑)

季節も丸ごと春になって…そういえば桜も、きっと今週あたりが最高になりそうです。
この辺りの夜桜も見物しながら…蔦屋書店さんでお茶でもしたいな…と目論み中(笑)

21日には、発売記念のイベントも開催されるようですよ。
是非お時間を作って、お出かけください。

●Vol.1に引き続き、私がジャケットデザインを担当させていただきました。
楽しかった〜〜♪ &ポスターもできました〜♪

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013.03.26 Tuesday 01:31
コメントする








 
Powered by
30days Album