ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< チョコレートに食べられそうです(笑) | main | 2年という歳月 >>
2013.02.24 Sunday

ノグチアツシさん…セカンドアルバム HOMEMADE JAMを聴きながら

 DSC01871.JPG

 とっても清楚で、美しいアルバム〜〜♪
表紙は…木版画かな…しばらくながめていました。
この表紙…私ならどうするかな…これはデザイナーのサガ(笑)
もちろん私とは、違うところが更にいい。

HOMEMADE JAM…ノグチさんらしいタイトルだな…と勝手に思う(笑)
添加物はもちろん混ざっていない…甘さは控えめ
優しさのいっぱいに詰まった手作りのジャム…。
手間ひまかけて、とろ火でゆっくり煮詰めて行く…。

丁寧に時間をかけて作ったもの…でも食べ始めると止まらない味かも…。
封を切るまでに、ひとしきり…そんなことを考えた。

彼のアルバムは、実は全部聴いているの。

DSC01911.JPG

 ノグチアツシさん…松江のサ研主催のライブがきっかけになって
私たちは出会った…。
元々彼が作った「水の都に雨が降る」という歌から
あのライブの構想が生まれたと言う方が正しいかも。

…素敵な声…ほっとさせてくれる…語り口も物腰も柔らか…

ご本人は、完璧な二枚目で、俳優さんみたい。
ライブのMCとか、その歌声も渋くてかっこ良くて、優しくて穏やか。
この人は、人を傷つけることとは無縁の世界にいるのかも…。
「風」というファーストアルバムを聴きながら…いつもそう思った。

けれどその彼が、サングラスをかけて
出雲弁になると、突然豹変もする(笑)

「安来のおじ」という、もうひとつの顔を持ち
発表しているアルバムは、とても同じ人とは思えなくて
話芸と言うか役者顔負けのパフォーマンスもあり
…流れている時間が違うと言うか…
そこにいるのは全くの別人と言ってもいいと思う。

その多才振りには、かなり翻弄されるけど
どうやら彼は、人を喜ばせたくて喜ばせたくて
しょうがないらしい(笑)

二の線と、三の線の間を
縦横無尽に行ったり来たりする年齢不詳のエンターティナー…

…それが私から見た、ノグチアツシさん…という人。

DSC01886.JPG

 音楽のキャリアは、充分すぎるほど…。
それなのにセカンド??…解せない…。
…聞けば、彼は様々な仕事を経験した後…CM、映像ソフトやゲーム音楽制作を経て
2007年にファーストアルバムをリリース。

もうひとつの顔で、レギュラーのラジオ番組など…
とても忙しい日々を過ごされているけれど
内面に向かっていく仕事と、外に向かってアピールする仕事の両立は
いかばかりかと思う。

私は松江の打ち上げのとき、立ち話で…簡単な自己紹介のように
私の日常や、仕事の話などを早口でしゃべった。

気がつけばいつの間にか、ミュージシャンたちと仕事をする機会に
恵まれてきた。

けれど私は彼らとは、育った畑が違う…(笑)
たぶん視点も、違うと思う。
でもだからこそ、お互いに共存できる場所があると思うけど…
音楽と言うのは、別の言語かも…そう思うことも何度かあった。
私だけが外国人?…みたいな(笑)

ノグチさんは、そういう溝のようなもの…簡単に飛び越えてくる。
短い時間だったけど…もっともっとしゃべりたかったな…。

素になったノグチさんは、少年のようなあどけなさと好奇心を抑え切れないような
不思議な空気を放ってくる。

DSC01874_2.JPG

HOME SWEET HOME~~この歌…特に好きだなあ。
どうやらこのタイトルと同じ店は、実際に存在するらしい。
とてもお洒落なノグチさんが通っている洋服屋さんのことを、歌にしているの。

出だしからの語りは、店主の言葉なのに…
ノグチさんの声に乗って、聞き手がその店の常連客になる…。
…もてなされて、もてなしているパラドックス…。
アレンジも、素晴らしいなあ…。

私にも…そんな場所があるよ…CDを聴きながら
歌に向かって、独り言を投げたりしている。

万年筆にも、私は強い憧れがあった。
ペン先は太いのがいいと思って…買ってから後悔したっけ…(苦笑)

DSC01892.JPG

…そうそう、こんなふうに、このアルバムを聞きながら
どんどん自分自身の思い出が重なってくるの。

ノグチアツシさんのファーストアルバムの「風」
そしてセカンドアルバムの「HOMEMADE JAM」

ちょっと欲張り過ぎかな…と思うほど、曲によって
様々なノグチさんが顔を出してくる。

ノグチさんの本当の顔はどれなんだろう…
私はいつも、アルバムのなかで探しはじめてしまう(笑)
それもサガかも…(笑)

それが私の人生のなかの、最も大きなテーマなのかもしれない。
出会ったことのない人に、喜んでもらいたい…
その想いは、宛名のない手紙を書いているような時間…。

どんなに頑張っても、見えてくるものはほとんどなくて
どんなに目を凝らしても見えないものばかりが増えてくるとき
テーブルの上に、自分の手持ち札を全部広げて
更にもっとあるかもしれないと、自分を探しまわってしまう。
…そんな葛藤ばかりの日々…きっとノグチさんも知っている…と
また勝手に思っている(笑)

 アコーディオンかと思えば、ピアニカだったり
タイトルから感じたイメージと、曲調がまるで違っていたり
いい意味で裏切られながら、私はこの出来上がったばかりの
アルバムを繰り返し聴いている。

 でも何故かユーチューブにアップされていたはずの曲が
全部消えているの。
私も去年の暮れに、ちょっとした操作ミスですべてが一瞬で消えてしまった。

 これは当分、このアルバムでしか聴けないと言うことかも…。
是非皆様に聴いて頂きたい素敵なアルバムです。

そしてノグチさんには、是非3枚目をリクエストしたいな…。
あ、そっちの三の線じゃなくて…(汗)サードっていう意味です!(笑)

追伸〜〜実はどうしても声が聴きたい!というリクエストが沢山届きました。
…で、作っちゃいました〜〜〜♪
ご本人のご承諾もいただいております。
是非是非お聴きください〜〜♪


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013.02.25 Monday 00:58
ノグチさんの歌、大好きです〜♪ 
いっぱい書いてくださっていることばを「そうそう!」ってうなずきながら、読ませていただきました(^^)

お話の声もそうですが、
歌声が、気持ちを清らかにしてくれるんです。
でもまだこのCD,聴いてなくて・・
ライブでお会いできるのを、楽しみにしているところです!
ご無沙汰しています。
巴里のご様子に・・・ちょっぴりヤキモチを感じています。
参加したかったな〜
ところで、僕は進化しました・・・ナントiPadを手にしました。
練習のために、ブログも始めました・・・恥ずかしながら
もりははさん〜コメント嬉しいです!ありがとうございます。
ノグチさんの声やお話…とてももの静かで、優しさと温かさが伝わってきます。

安来のおじのときとは、本当に見事に別人だけれど…
優しさと温かさは根っこにあるので、表現は違っても…そこは変わらず♪
私の勝手感想にも、ご共感いただいて〜〜とっても嬉しいです!
私は去年、松江のライブでご一緒させて頂きました。
とっても楽しかったです!

さっき、もりははさんのブログを拝見。
ノグチさんのアルバムはもう、手に入れられたようですね♪
美しい写真が一杯のブログでした♪

ノグチさんは、ずっと山陰を拠点に活動していらっしゃるけど
東京のライブもあるといいなあ…。

  • atsuko
  • 2013.03.01 Friday 07:56
水前寺さん〜〜ご無沙汰です!Wow~~iPad~~~私もパリに行く前
買おうかどうしようか迷ってましたが…。
みんなに「どうせその時しか使わない」と言われて、やめました(笑)
もうパソコン以外…スマホもぜんぜん駄目〜〜。
携帯も、どこにも出かけないので、練習のチャンスもなく…
だんだん化石のようになりつつあります(笑)

スタッフのブックをパリでいじっていたけど…それもすごく、ストレス(笑)
アトリエに戻った時、Macに思わず挨拶をしそうに(笑)
そのくらい会いたかった…というか(笑)

ブログ拝見しました〜〜ちょくちょく覗きに伺いますね〜♪
相変わらず含蓄のある、流麗な文章で〜〜&#9829;
私はこのブログで、すでに1200件以上書きました。
…もうすでに4年以上になるのかな…。

そっか…ブログだけはiPadで書くというのもあり…かも。
どこかで操作に慣れておかないと…そんな焦りはありますが(笑)

近々お会いできますように…。
  • Atsuko
  • 2013.03.01 Friday 08:13
コメントする








 
Powered by
30days Album